<   2010年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

忘却の彼岸           ーOblivision Milva&Piazzolla

a0095337_0503537.jpg

今日も続けてピアソラの音楽を。

私は一度だけ、ピアソラの生演奏を聴きました。
ミルバとの共演で「エル・タンゴ」という舞台。
演奏はすばらしいものでしたが、その頃はまだまだ小娘で、
舞台が意味するものは理解できず、ふしぎな世界だなあとしか感じませんでした。
けれど今になってやっと、深く共感できるようになりました。

それはやはり、生きることの痛さというものを、知ったからだと思います。
人の苦しさや孤独に他人は口出しはできない、関わることもできない。
生の痛みはその人自身の宝であると、知ったからです。

ピアソラの真髄はそうした「痛さ」にあると思っています。
苦しみゆえに、痛みゆえに、尊厳を与えられた孤独。
そのかなしさをわかっていればいるほど、共感するのかもしれません。

忘れられない思い出も、、人の孤独も、愛も、よろこびも、
いつかは忘却のかなたに消えてしまう。
この自分自身とともに。
さみしい、、なのに
忘れられることは救いだ、とも思うのです。

☆忘却 Milva & Piazzolla

[PR]
by kaorise | 2010-10-31 01:08 | 音を楽しむ Music | Trackback

さよなら、じいじ           ーAdios Nonino  Astor Piazzolla         

きのうのミニライブではアストル・ピアソラの話題で盛り上がりました。
私は20年以上前にピアソラを聴いて大ファンになりました。
学生時代はカセットテープをたくさん持っていて
美術の勉強をしながら毎日毎日、すりきれるほど聴いたものです。
彼の曲のなかでも最も好きな曲はAdios Nonino。
Noninoということばはイタリア語の「じいじ」。
この曲はピアソラのお父さんが亡くなったときに作ったレクイエムなのだそう。
父性をしのぶノスタルジックな曲です。
お楽しみください。


[PR]
by kaorise | 2010-10-30 20:57 | 音を楽しむ Music | Trackback

孤独と羽二重団子          

日暮里といえば繊維街、そして羽二重団子でございます。
a0095337_23444937.jpg

今日は取材の帰りにライターさん達と甘味を頂きました。
いつもは繊維街での仕事帰りに一人でお団子を食べたお店。
そこに誰かと入るというのは、、特別なことのように嬉しく思えます。
同時にまた、この面子でお団子を食べることはもうない、とも思うのです。
やわらかくて甘いお団子を食べながら、
『こどく』って何なのだろう、、と心のどこかで思うのでした。


羽二重団子
なにやらネットでは本店がパワースポットと騒がれておりますが、、
ここのお団子は何といっても文学的な所が良いのですわ。
駅前のお店はモダンで綺麗。内装、家具が素敵です。わたしの行きつけは駅前なの。
[PR]
by kaorise | 2010-10-26 23:55 | おいしいひと時 Foods | Trackback

雨のうた           ーLed Zeppelin

秋の雨は美しい。
熱を冷ましてくれるやさしさ、
そして
熱を感じさせるこまやかさがあるから。

秋雨の夜にぴったりなこの曲をどうぞ。

☆rain song

[PR]
by kaorise | 2010-10-25 23:54 | 音を楽しむ Music | Trackback

収納ボックスと女の人生

a0095337_2165916.jpg

今日発売の婦人公論11月7日号
「収入ダウンに負けない生活術」のイメージ写真を撮影しました。
この撮影ではおうちの中の色んな場所で撮影しなくてはならなくて、
撮影前に気合いをいれてお掃除いたしました。
ついでに部屋の模様替えも。

そのためにネットで収納家具を買ったのはいいんだけど、、
注文した収納ボックスのサイズを間違えてしまいまして、、ガックシ。
ボックスって場所を取るものですから、、妙にショックです。
節約術の仕事をしてるのに〜無駄使いしてしまった〜
その上、お部屋を広くするつもりが必要のない収納用品で、、逆にせまくなったじゃない!

こんな時思うのです。
結婚してなくて良かった。って。
こんなていたらくを家族に見られたら絶対叱られる。
落ち込んでいるのにその上、アホかと笑われたら、、もうウツ!ウツだわ〜
ああよかった、、配偶者がいなくて、、。
それくらいでビビってるから、わたし恋愛も結婚も無理なのね。
変な度胸はあるのに、こういう微細で日常的な事に超ビビリでして。
細かくてうるさい人と一緒にいると、気がくるいそうになるもん、、、

しかし
どうしてここで「いいじゃないか、オレが使うから気にするな」と言ってくれる男が
想像できないのでしょう。
でもね、たいていの男はこまかい神経でできているの、、、
男は道後温泉のお土産屋で売ってるガラス細工のクマちゃんなの。
気にするな発言ができるのは、女をペットと勘違いできるヒビの入ったじいちゃんくらいなもの。
鋼鉄の中年女がペットになれるか!じいちゃん、コナゴナになるでえ〜(汗

または
「どうしたの?この箱使わないの?まちがえて買ったの?」
「あなたの為に買ったのよ。散らかってるフィギュア、これに飾るといいと思って。」(大嘘)
「なんて優しいんだ〜ありがとう。だいすきだいすき☆」
ありがちだ、、ありがちなパターン、、今度は私のペットみたいなタイプ。
毎朝、みゅうと人間と2種類の餌を用意、飼育係は大忙し〜(涙

私の人生は『間違えて購入したアイリスオーヤマA4ボックス送料込み1000円』
に象徴されるようでございます。
どんだけチープな人生なんでしょうネ。
今の時代にピッタリです。

そんな私とは関係なく婦人公論「節約術」の記事はマンガ付きで面白いですよ。
書店でみかけたら、どうぞお手に取ってくださいね。

婦人公論
[PR]
by kaorise | 2010-10-22 22:09 | 私のお仕事 My works | Trackback

はねだの空気

今日のニュースは羽田で持ち切りでしたね。
去年の里帰りの際に羽田で遭遇した楽しいイベント写真アップします。
空気の港というアートイベントです。
ちょうど1年前のものになります。
このイベントはお向かいのリサーチセンターの研究室が行ったもの。
羽田に降りたら、いきなりオープンキャンパス状態・・・でした。
もう駒場に帰ってきたのかと思ったわ。
私の一番のお気に入りはこの浮かんだ人のバルーン。
ふわふわあちこちをさまよっていて面白かった。
a0095337_23362631.jpg

今年、韓国のインチョン空港で乗り換えをしたときのこと。
インチョンは空港というよりはアミューズメント施設のようで、驚きました。
民族衣装を着た綺麗なお姉さんはいるし、神輿みたいのに乗って空港内を巡るサービスあり、
お店は賑やかだし、朝鮮人参はやすいし。。。
日本は完全に遅れてる、、成田と大違い・・・と愕然。

下の時計は自分の姿が映されて時計針になるしくみです。
a0095337_2336538.jpg

でも今回、羽田が国際化されるというので期待してます。
日本らしいアミューズメントのある空港になって欲しいなあ〜
日本にはさまざまな文化があって、上手に演出したらとても楽しい空間になると思うの。

a0095337_23353793.jpg

最後のアートは白い紙に目の絵が描かれたカードが空気で噴射され、木の葉のように
上からぱらぱら降ってきます。
下に差し込み口があって拾ったカードをいれるとそれがまた舞い上げられます。

これは今までみた公共アートのなかでも最も優れた作品だと思います。
子供達がこの木の周辺でずうっと安全に遊んでくれるので、親はベンチで見守りながら一休み、
また、交代で買い物にいけるのです。
設置もおおげさではなく、スマートな印象。
社会的に役に立って楽しい現代アートもあるんだなあって嬉しくなったイベントでした。
[PR]
by kaorise | 2010-10-22 00:06 | Japan | Trackback

自由が丘の宇宙生物

a0095337_18475766.jpg

週末は自由が丘に行きました。
Tamano Parisの靴の注文会に参加したのです。
その時に食べたのがコレ!
宇宙生物ラズベリードーナツ。
お人形服作家のみっちゃんと一緒でした。
普通のドーナツをそれぞれセットで頼めばいいのに、
わざと巨大なのを二人で一個頼みました。
そして宇宙生物の解剖を試みたのでございます。。

みっちゃんも私も10代のころはパンク好きだったので、、
ついシロクロドクロなノリになりまして。
「へっへっへ、これグロいよね〜色がなんとも!」
とよこしまな視線をドーナツに向けたのでございます。
それにしても、このビジュアルのドーナツを美味しそう〜〜!と
本場アメリカでは絶賛するのでありましょうか?
もしそうだとしたら、美意識が宇宙生物に乗っ取られているのだと
思うところでございます。

前回、写真はメンタリティが大事とエラソーな事を書きましたが、
今日の写真はメンタリティが勝手に噴出してしまった例といいましょうか

テーマはドーナツ。
メッセージは宇宙生物はっけ〜〜ん!

そんなんでいいんか!?という声もきこえてきそうですが
写真というのは、そんなものの積み重ね、でございますよ。
ところでこのラズベリーくんのお味は見た目より繊細で
甘酸っぱい初恋の味って感じ。
この見た目で、、
語るか、初恋を、、
とまあ、楽しい気分にさせてくれました。
[PR]
by kaorise | 2010-10-18 18:59 | おいしいひと時 Foods | Trackback

魅力的な写真とりたい!            ーかえりみち広報Cafe

a0095337_23404340.jpg

写真の上達法はなに?
ときかれたら、私はこう答えます。
「あなたのメッセージが伝わる画面を”つくる”努力をすること」

ピントとシャッタースピードの関係とか、
レンズの選びかたとか、技術的なことよりも、
写真は撮る人のメンタリティが一番大事です。

例えばとっさに携帯カメラで撮影して、ぶれてても
自分のきもち写したなあ、、!って思えたなら
それは良い写真です。

でも、やっぱり一眼レフで上手に撮りたい。
もっと上手に写真で自分のきもち伝えたい、
っていうのが人間ですよね。

写真にどうやって自分の思い(メッセージ)を託せばいいの?
どんな考え方をすれば、良い仕上がりに近付くの?
写真とスタイリングの関係って?

そういった疑問にお答えできるような、
写真をつくる時の基本的な考え方を
トークイベントでお話します。

お題は「魅力的な写真作り」
恵比寿のイベントスペースamu「かえりみち広報Cafe Vol.2」
12月2日夜19時〜20時 定員15名で予定してます。

広報業務に関わっている方向けです。
広報関係で写真に興味ある!という方、ご参加下さい。
軽食付きの交流会もあり、の楽しいイベントですよ。
自由に見て楽しめる色んなサンプル写真もお持ちしますので、盛り上がりましょう〜
下のサイトから申し込みできます☆ぜひどうぞ!

amu かえりみち広報Cafe
[PR]
by kaorise | 2010-10-15 01:11 | 私のお仕事 My works | Trackback

牛とおじいさん

a0095337_23462394.jpg


「牛は頭がいいよ。」とおじいさんは言いました。
おじいさんは自動車学校の宿舎の管理人さんです。
私はその時、新潟の自動車学校の合宿に参加していて
昼下がりのロビーでおじいさんのお話を聞きました。

おじいさんは若い頃は百姓をやっていた、と言います。
作物を朝早く街の市場に持っていくのに暗いうちから起きて作業をしたそうです。
「あさ早いからね。真っ暗で空には星が出ているんだよ、、
作った野菜を荷車に積むのは大変だ。眠くてねえ、、
でもあとは楽なもんさ、牛が街まで勝手に運んでくれる。」
「勝手に?」
「うん、野菜を積んで、牛のたずなを握るだろ、朝早いもんだからとろとろ眠くなって
寝てしまうけど、牛は道を覚えてる。」
「自分で市場まで行くの?」
「そうだよ、牛は頭がいい。かわいいもんだ。」
「ほんとに?帰り路も?」
「うん。橋も大通りもちゃんとわかってる。一度だって迷った事はない。
余計なものにぶつからないよう立ち止まるから事故もない。
牛は首に鈴をつけてるからね、音が止むと止まったなって私に分るんだよ。
私に言わせりゃ、牛と車、どっちが便利かわからないね。
牛なら寝てても連れていってくれる、でも、車は運転しながら眠る訳にはいかないから。」
「ほんとだね、、」

お話を聞いている時、おじいさんが牛を愛していたのが伝わってきました。
牛の方が自動車よりいい。というより、牛を人のように尊敬していた。
それから随分たって私も齢をとり、人間と他の種とが通じ合う喜びを理解できるようになりました。
おじいさんが言いたかった本当の意味が今ごろやっと迫ってくるように思います。
生と生の調和あるところ、ものごとがするすると進む、、この心地よさ。
無理せず、させず、一体となって流れるように生きる、命と命の幸せ。

私の心の中では、今もおじいさんを荷車にのせた牛がのんびり歩いています。
夜明けの暗く冷たい空気に、からん、からん、と牛の鈴が響きわたっている。
そして、ひとすじの流星が二人の頭上を流れてゆくのです。
[PR]
by kaorise | 2010-10-12 23:48 | Japan | Trackback

Banskeyのアニメ         ーSimpsons のオープニング



私はあまり現代美術好きではないんですけど、、バンスキーは好きです。
社会的でブラックユーモアな作品ですけど、どこかロマンがあるから。
彼は今回、アニメ「シンプソンズ」のオープニングを監督したそうです。

見てるうちにこれって仕事してる時の私?とか思っちゃいました。
デザインとか、写真とかスタイリストとか、いいな〜と思う方、、
綺麗なものを作る裏側というのは、実はこんなカンジです。
ユニコーンが業界人にみえてきたのは私だけかしら、、
[PR]
by kaorise | 2010-10-11 22:26 | アニメ Anime | Trackback


写真家・スタイリスト山本カオリです。渋谷のつま先からお届けしてます。


by kaorise

プロフィールを見る

2017年9月18日ブログ移転しました写真色のひととき

当ブログの文章や写真の
無断転載・使用・商用引用は
禁止です。】

写真教室
目的に沿って確実に学ぶ個
人レッスン中心の写真教室
を主宰しています。
初心者カメラ操作講座、写
真基礎短期講座、ビジネス
や教室運営のスタイリング
写真撮影講座など、目的別
に写真を着実に学べます。
開講以来、大好評です。
詳細はこちら↓
写真色の時間

--------------------------
ブログランキング参加中
2ヶ所に応援クリック★★
よろしくお願いいたします!
       
人気ブログランキング    
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村 

--------------------------
写真集
合気道家 多田宏師範写真集
”気の錬磨 KINOREMMA”
↓クリックでアマゾンへ

--------------------------
プロフィール
--------------------------
写真作品集
................................
スタイリング作品集
--------------------------
Facebook Page
--------------------------
Instagram
--------------------------
ナショジオ Your Shot
--------------------------
アートチャリティー活動
--------------------------
撮影/Stylingのご依頼
--------------------------
ご連絡はこちらから↓
メール Contact form
--------------------------
Copyright 2007〜2017 ©Kaori Yamamoto All right reserved
【当ブログの文章や写真の
無断転載・使用・引用は
禁止です。】
--------------------------


カテゴリ

全体
私のお仕事 My works
アートチャリティー Charity
取り合わせの美 Styling
ワークショップ Art lesson
星亀日記 Startortoise
写真は詩うPhoto and words
生きること Life
木々草々 Nature
本の頁 Books
芸術のよろこび Art
音を楽しむ Music
たまに映画 Movie
おいしいひと時 Foods
おしゃれ Beauty
アニメ Anime
すてきな雑貨 Goods
暮らしのアイデア Living
街のいざない Town
ゆかいなひとびと People
ゆかいないきもの Animals
むかしながら Old things
Japan
Tokyo
Paris
Bruges
Brussels
London
脱原発 Antinuclearpower
合気道 Aikido
フォトレッスン Photo lesson
東京ぶらぶらスナップ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

波間日記
エミリアからの便り
koz-mic hours
心の万華鏡  
うろうろ、ごそごそ。
弁天スタジオ
梟通信~ホンの戯言
丸山誠司こっちも展望台
ウィーンとパリと好きなも...
Quel temps f...
雅子日記
HONEY SLASH!...
犬連れ@仏蘭西日記
Learn from y...
飛んでも五分歩いても五分
名嘉真麻希のスケッチブロ...
dezire_photo...
櫻井 砂冬美 / Sak...
鳥人の翼 In orde...
monukemuri
帽子・バッグ・小物作家の...
Midnight Edi...
言の葉遊び
とことこお散歩
よれよれチックタック撮影日記

ブログジャンル

クリエイター
写真家