<   2010年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

エレガントに孤独はゆらめく          -London

今ロンドンの宿の共有パソコンから更新しています。
残念ながら写真は更新できませんが、、、

ロンドンは東京とよくにて、便利で快適な街です。
人がとても親切で、ずいぶん沢山の人に助けてもらいました。

あまりに違和感がないので、ちょっと驚いています。
でもサービスはやはり東京が一番かな。

やはり天気は曇りがちですが、この気候だからこそ
人の内面性が培われて幻想的な芸術や音楽が沢山生まれたのだと思います。

人間の孤独こそが芸術の鍵であり、孤独を極めたものだけにミューズは
その扉を開くのだとこちらに来て実感しました。

ロンドンのよい所は芸術を大切にしているところです。
芸術を愛するということは、孤独を愛するということでもあります。
孤独を認め、あいすればこそ、自分だけの寂しさやエゴをつきぬけた
人や自然への愛がわいてくる。

そんなことを感じながらロンドンですごしています。
[PR]
by kaorise | 2010-01-29 19:37 | London | Trackback

I can try

a0095337_032339.jpg
24日からロンドン、ベルギー、パリとまわってきます。
準備が忙しくてぜんぜんブログ更新できませんでした。
国内の一人旅は慣れているのですが、海外は初めてなのです。
でも英語がまあまあ得意なので、余裕をもって注意深くやってみます。
やっぱり英語やっとくと世界が広がります、、。
私は言葉を音できいて耳で覚えるタイプで、スペルはめちゃくちゃ、、、。
子供みたいな覚え方なので、もっと勉強したいな、と今さら思ってます。

海外にいくことになって、身の回りのことをやっていると、要らないものが多いなあ〜とか
これが必要だったのに、、なんで今まで買わなかったんだろう、、!
と色々と気がつくことが多く、これもよい機会だなあって思います。
今回は肉親が随分と援助してくれて、親兄弟の有り難みが身に沁みました。
友達もみんな、お護り送ってくれたり、人を紹介してくれたり、随分はげましてもらいました。
良い友達や仕事仲間、親兄弟に恵まれて私はなんて幸せなんだろうと思います。
20日間の旅ですが、美しいものを沢山見て勉強して、良いひと達に出会って帰ってきます。
もちろん良い写真も撮ってきますよ!
それに、去年の秋熊野の旅で出会ったフランス人のご夫婦が1日パリを案内して下さる事になりました。
熊野古道とパリはつながっているのかもしれませんね。
なんとも不思議な取り合わせ、、でも、これが私の世界だなあって思います。
ノートパソコンはもっていかないのでブログは更新しませんが、Gmailはチェックできます。
ご連絡はこのブログに載せているGmailまでよろしくお願いいたします。
(mac mailは多分開けないと思います)
うるわしの国大和から、不思議の国々ヨーロッパへいってきます☆
[PR]
by kaorise | 2010-01-22 00:56 | London | Trackback

夢を生きる    ーアナ・スイコスメティックス スプリングコレクション

a0095337_23193097.jpg

アナ・スイコスメテックス・スプリングコレクションのスタイリングを手がけました。
今回はロックがテーマ☆
新作リップがステージで踊り、アナスイのお洋服をまとったモデルがグルーヴする、、
と〜っても豪華な広告です。
舞台、小道具、衣装、アクセサリーなどのスタイリングをやりました。

これを機会に昔したしんだロックを聴きなおし、その時代の衣装や感性を学びなおしました。
それにしても60年代70年代のロックは、文学的で荒削りでなんて魅力的な芸術なのでしょう!
アナ・スイはそういうロック文化の中で大人になった世代です。
彼女のお洋服はロックンロール的で自由で過剰なのに、とても品があります。
往々にして少女趣味、とかとらえられがちなのですが、よくよく見ると創造力の塊です。
洋服の素材とパターンの組み合わせ、飾りレースや布地の組み合わせは、沢山の勉強から
産まれたクリエイションです。
お仕事のまえに、アトリエのイメージボードの写真などを見させて頂くのですが、
壁にはられている膨大なイメージを見るたびに、このエネルギーはすごいと感服します。
本当にディテールまでこだわって作っている、、決して安易な少女趣味ではないから品があるのです。

私はこのお仕事を通して、学び続けることは人にとって必要な事なのだ、と教えてもらいました。
みずからすすんで何かを学ぶ、、それは、自分の変化を怖れずに進むことであり、
学びの中から自分を信じる糧を得ることなのだ、と実感しました。
実のところ、私のキャリアの中でこれほど苦労した仕事はありません。
そしてまた、これほど成長させてくれた素晴らしい仕事もありません。
このお仕事に関われたこと、とっても感謝しています。

アナ・スイは”live your dream"という素敵な名前の香水も出しています。
夢をいきるとは、ただボンヤリ妄想の世界に遊ぶことではない、
実際に学んだことから自分を信じ、自分を信じればこそ、夢を実現する力がでてくる。
自分の力で自分の夢を生きなさい。
そういう意味での”Live your dream”なのかもしれません。

アナスイコスメティックスHP
右下Nextをクリックして、商品クリック、メニューで様々な画像をお楽しみ下さい。
[PR]
by kaorise | 2010-01-16 00:23 | 私のお仕事 My works | Trackback

きのう日本人になりました

a0095337_23351237.jpg

わたしは日本に産まれはしたものの、35才くらいまでは日本を知りませんでした。
だから、、日本人でありながら日本人になる勉強をしたんです。
宗教芸術の勉強からはじまって、日本の伝統に親しみ、着物を着るお稽古をして
辛くてしかたなかったけど、合気道をやりました。
それでだんだん、だんだんとわかってきた気がします。
それまでは、当たり前に日本に暮らし、現代的な日本の感覚に親しんできたのですが
仕事柄、日本人好みの西洋趣味の綺麗さ、豪華さ、をよしとするようになってしまってた。
しかし西洋の芸術は日本人好みの中途半端なものではありません。
キリスト教文化の中で自立して生きてみないと本来の味わいは理解できない。
34才くらいのときに、このままでは薄っぺらな表現者になってしまうと危機感を抱きました。
その頃は自分で聖書を勉強していたので、お金があれば多分ヨーロッパに行ったと思います。
ところが、、独立したばかりで困った事情があり、スーパーマーケットでアルバイトしなければ
食べていけないすかんぴん状態。
とても西洋文化を勉強しにいける状態ではありませんでした。
おまけにカメラマンなのにカメラを1台も持っていなかったのです。
そのときに能天気な私は考えたんですよ、、自分が共感する芸術や哲学が私の国にもあるに違いない、って。
で、探したらありました、ありました、、西洋のルネ〜〜ッサンス〜!(ふるい)とリンクする芸術が。
それが鎌倉仏教美術でした。
京都の三十三間堂の仏像を新たな視点で見たときの感動はいまも忘れようがありません。
法隆寺の救世観音の存在感に逃げ出したいような怖れを感じたことも、、
なんて日本はすごい国なんだ!って感動しました、、まるで外国人のように。

最近、魂から感動するのは日本の芸術がほとんど、ということに気がつきました。
お正月からヴァンクリーフの宝飾展、チベットの仏教美術、いけばな展、とたて続けに行ったのですが
結局いちばん感動したのは池坊専好の立花図、、それもただ紙にさらりと描かれているだけの
指南書なのです。
私にとっては見事な技術で輝きを放つヴァンクリーフの宝飾品よりも、荘厳されたチベットの仏像よりも、
黄ばんだ紙に描かれた立花の図の方が価値あるものに見えました。
これほどまで1枚の葉を、1本の枝を大切にできるなんて、、、愛が心に伝わってきました。
でも多分ほかの人がみても、いけばなの図をそれほど重視はしないだろうに、どうしてだろう。
いや、、それは私が日本人になったからだ。
やっと今日、物質的な価値観を超えて日本人になれたんだ。
と腑におちた新年の夜でした。
[PR]
by kaorise | 2010-01-12 23:46 | Japan | Trackback

はなの面影           ーいけばなの歴史展

a0095337_12375748.jpg

野山、水辺おのずからなる姿を居上にあらわし
花葉をかざり、よろしき面影をもととし

                     池坊専応口伝「大巻並座敷荘厳之図」から
                     日本華道社 「いけばなの流れ」より

両国で開催されているいけばなの歴史展にいってきました。
池坊専応のことばは、生け花の真髄であり、日本の芸術意識の真髄であると思います。

ーいけばなとは、自然の世界にいきる花や葉のそのままの姿を、室内で再現しつつ、
植物の「よろしき面影」を花をいけるひとの心を通して表現するもの。
(いけばなは植物をただ綺麗に豪華に飾るものではなく、自然を通した哲学的な表現)

いけばなとは、を写真とは、におきかえてみても、なるほどですね。
以前、英会話を勉強しにいっていたときに、外国人の先生が日本にきて一番驚いたのはいけばなだ、
西洋のフラワーアレンジにはとうてい及ばない精神性と芸術性がある、とおっしゃっていました。
私はかねがね日本の伝統いけばなは世界一だと思っていたけれど、それを言葉にして表現する
人がいないのでそれを聞いたときに嬉しかったです。
ここ最近はフラワーアレンジブームでスタイリストの仕事でさんざん制作してきましたが
どんなはなを生けようとも自分の心かまえは「いけばな」です。
植物が私の心に映す「よろしき面影」をどのように表現するか、を忘れたことはありません。

とはいえ、、まともにいけばなを習った事は一度もないんです。
フラワーアレンジは洋書で学び、いけばなは母に手ほどきしてもらいました。
私の母は長い事池坊でいけばなの先生をやってきたので、子供の頃から花は身近でした。
仕事で花をいけるようになってからは、母に京都の六角堂の池坊会館に連れていってもらたり、
植物を解説してもらったり、自分で育ててみたりしてるうちに、、
だんだんとはなの心がわかるようになってきました。

今回展示されていた作品の中でも池坊専好(二代目)の立花図はすばらしかったです。
それは花が奏でる宇宙のすがた。
やわらかく、ふくよかで、たえまなく動いている、これが池坊専好先生の宇宙なのね、、
日本のいけばなを見るコツは花を「飾り」ではなく「世界」や「宇宙」と見ればよいのです。
ひとによって、いけかたによって、世界観が違いますので、そこが見所です。
17日まで開催していますので、ご興味ある方はぜひどうぞ。
写真は国技館。きのうはおすもうの初日だったのかしら、、大勢のひとたちが歩いてました。
いけばなの歴史展
a0095337_12374174.jpg

[PR]
by kaorise | 2010-01-12 13:43 | 芸術のよろこび Art | Trackback

その気になればいつだって転機

a0095337_021710.jpg
今発売中の婦人公論1/22日号「女の転機は日常の中に」イメージフォト撮影しました。
40すぎてから迎える女性の転機がテーマです。
自分が仕事してるのに、婦人公論を読む度にいろんな人がいるんだなあって思います。
はじめは興味本位でよんでいても、なんだか、思わず応援したくなったりして〜
人ってそれぞれ事情を抱えて生きてるんだなあって、だんだん心が広くなるから不思議です。

ところで、私の転機といえば、、毎年なにがしかがあるので、何が何だかわかんなくなっちゃった!
あれこれ首をつっこむ性格の人はこうなるみたい。
でも、何でもやってみますよ!のド根性がないとこの商売で生きていけない、ってのが切実なトコロかも。トホホ、、
こちらの写真、みゅう先生とお散歩しながら撮影したのでございます。
私が撮影している間、担当さんにみゅう先生のお散歩をして頂いたのです。
おかげさまで星亀マジックがいきわたり雰囲気よい写真が撮れました。
それに今月の婦人公論の表紙は玉三郎さんで、すっごく綺麗です♡
中のグラビアも美しくて思わず見とれてしまいました。
グラビアに見とれたのって何年ぶりでしょうか、、ぜひお手にとって御覧ください。

婦人公論
[PR]
by kaorise | 2010-01-11 00:05 | 私のお仕事 My works | Trackback

わくわくエブリディ

a0095337_22281242.jpg
今日は”はにわのにわ”さんの展覧会へお伺いしました。
ホンダのカレンダー「わくわくエブリディ」のお仕事でご一緒したあみぐるみ作家さんです。
ギャラリーでは、カレンダーで活躍したキャラクターが楽しそうに遊んでいます。
壁に貼ってあるのが制作したカレンダー。
去年の夏はみんなでこの子たちを汗だくになって撮影したのでした。
その甲斐あってカレンダーは素晴らしい仕上がりとなりました。
改めて展示されたお人形とカレンダーを見ていると、これを制作したアートディレクターやカメラマンさんはじめ
多くのスタッフの底力をさすがだ〜!と感じました。
もちろん私も頑張ったんですけど、私は仕事の1部にすぎません。
みんなの力が合体したら、こんなすごい事になるんですね、、
ファンタジーの世界を作るにはプロフェッショナルが力をあわせてやり切らなければ
本当のゆめを見てもらうことはできません。
現場をみたら、ええっ!そんな事にまでこだわるの?というくらい繊細な意識の集合体だろうなあ〜と思います。
今年もこのカレンダーと過ごす方々にとびきり上等な夢を見てもらえると信じてます。

野田さんの展覧会は下北沢で明日まで開催されています、ご近所の方はぜひお運びください。
下北沢のあとは三鷹でも開催されます。
綺麗でかわいいあみぐるみに、ハッピーな気持ちになれますよ。

はにわのにわHP
★2010年1月8日(金)〜11日(月・成人の日)*入場無料

場所:東京都世田谷区北沢2-39-6
   ギャラリーSpace Sprout(下北沢駅西口より徒歩3 分)   
    http://spacesprout.com/
時間:12:00〜17:00    

★2010年1月25日(月)・27日(水)〜 31日(日)*入場無料

場所:東京都三鷹市下連雀3-38-4 三鷹産業プラザ内
   (三鷹駅南口より徒歩7分)
   Cafe Hi famiglia
[PR]
by kaorise | 2010-01-10 22:41 | 芸術のよろこび Art | Trackback

星亀博士の研究室

a0095337_11384133.jpg
みゅう先生「あけましておめでとう!今年も星亀の助手をおはげみなさい。」
助手「先生おめでとうございます!わたし年初から先生のために研究室を確保しました!」
みゅう先生「あれまあ、やるじゃないの、、亀の根っこ研究に予算をだすなんて太っ腹なクライアントがいたもんだわ。」
助手「星亀先生方のクライアントは大自然ですからねえ、、もともと太っ腹ですよ。」
みゅう先生「で?ここ?」
助手「そうです!いいでしょ、、私が屋根をつくりました!」
a0095337_11431138.jpg

みゅう先生「ちょっくら入ってみるかな。」
助手「枯れ葉のクッションもきいてますよ。」
a0095337_11463970.jpg

みゅう先生「あ、あれっ!?」
助手「どうしました!?」
a0095337_11473339.jpg

みゅう先生「うぐぐ、、」
助手「せんせい!こんな所でおトイレしないでくださいよ!」
みゅう先生「ううう。」
a0095337_11524213.jpg

みゅう先生「なにがトイレだ!なにが研究室だ!ツルがからまって動けない。
これじゃマダオ(まるでだめなオバサン)の小屋だ。」
助手「足場が悪かったですか、、素敵な亀の基地を作ったつもりでしたが。」
みゅう先生「亀の基地!?研究室じゃなくて?」
助手「基地兼研究室ともうしますか、、」
みゅう先生「いいから私の足にからんだツルを外しておくれ!まったくお前ときたら、基地兼研究室なんて考えすぎだ。」
助手「これでも先生のためを思って工夫しているんですけど、、」
みゅう先生「下手に工夫などしなくていいのだよ、今年は素直におやり。シンプルでいい時もあるのだ。」
助手「さすが先生!わたし今年は素直にやってみます。」
みゅう先生「よろしい。いっとくけど素直と考えなしは違うのだよ。考えながら素直にやっておくれ。
こんな目にあうのはコリゴリだからな!」
[PR]
by kaorise | 2010-01-07 12:06 | 星亀日記 Startortoise | Trackback

去り難い街、それはヨコハマ

a0095337_15555221.jpg

横浜の夜。
昨日は横浜の弁天スタジオさんに遊びにいきました。
とっても綺麗で素敵なスタジオには楽器がいっぱい!
音楽の大好きな私はピアノを見ているだけで幸せな気分になります。
楽器はみんな生きていて声を発している気がします。
私は音楽のプロではないけど、楽器の声には敏感です。
bentenさんのところにいたピアノは幸せそうでした。
コーヒーをご馳走になったあとに夜の港町へ。
みなとみらい地区でちょっと食事したあと、bentenさんの案内でお散歩です。
a0095337_15562389.jpg

赤レンガの入り口にはスケートリンクがあってうっすらとした灯の下、人々がしずかにすべっていました。
横浜の街灯はみな上からではなく、ダウンライト風に下から照らしているので
風景がより幻想的でひろびろと見えます。心憎い演出で、まるで外国に来たみたい、、
それにお正月休みのせいかそれほどひと気がありません。
落ち着いた優しい雰囲気が街中にただよってます。
そして港にはシャンデリアのような豪華客船。
そのたたずまいで人を旅へと誘います。
船の上にはお月さま、、、まるで映画のよう。
「カオリさんラッキーだよ〜こんな夜ってめったにない」とbentenさん。
a0095337_15563876.jpg

グランドホテルでコーヒーをと思っていたのですが残念ながらカフェは閉まっていました。
ロビーには人がいなくて、美しい空間を二人きりで堪能しました。
アンティークの家具たちが重いカーテンや絨毯に包まれ、うっとり眠りについています。
まるで魔法にかかったよう。
なんて立ち去り難い街、わすれ難い夜。
横浜は美しい港街でした。
a0095337_15564832.jpg

[PR]
by kaorise | 2010-01-05 16:15 | 街のいざない Town | Trackback

あけましておめでとうございます

a0095337_22333514.jpg

あけましておめでとうございます。
今日の写真は私の故郷の日の出です。
昨日のお月さまと対にしてみました。
今年の秋、伊予松山から船で九州に上陸したときに撮影したものです。
子供の頃は小倉に住んでいたのに、こんな日の出を見た事がなかったな、、
大人になるってこういう事かもしれません。

私は今年で写真関係のお仕事を始めて20年になります。
よく続いたな〜とも思うし、早かったな〜とも思います。
毎年毎年、新たな仕事および研鑽の積み重ねで、精進は終わる事がないと感じてます。
それに組織に所属しないで、ひとりであちこち飛びまわって、いろんな人に会って、
仕事が形になっているのは、多くの方々あってのことです。
このブログにしてもそうです、、読んで下さる方がいるからこうして続けることができます。
一人でやっていると、力になって下さる人の有り難みが身に沁みます。
そんな風に人の有り難みがわかるようになれたぶんだけ、一人でやってみて良かった、とも思います。

みなさん、ありがとうございます!

今年は今月末からロンドンとパリに20日くらい出かけてきます。
あちらでもいろんな人にあって、東京と同じ感覚であちこち飛び回ってみます。
相性のいい人達に出会えると信じてます、、だって東京でも毎年いい人達にであえてるもの。

本年も愉快で素敵な年を☆
[PR]
by kaorise | 2010-01-01 23:20 | 生きること Life | Trackback


写真家・スタイリスト山本カオリです。渋谷のつま先からお届けしてます。


by kaorise

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2017年9月18日ブログ移転しました写真色のひととき

当ブログの文章や写真の
無断転載・使用・商用引用は
禁止です。】

写真教室
目的に沿って確実に学ぶ個
人レッスン中心の写真教室
を主宰しています。
初心者カメラ操作講座、写
真基礎短期講座、ビジネス
や教室運営のスタイリング
写真撮影講座など、目的別
に写真を着実に学べます。
開講以来、大好評です。
詳細はこちら↓
写真色の時間

--------------------------
ブログランキング参加中
2ヶ所に応援クリック★★
よろしくお願いいたします!
       
人気ブログランキング    
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村 

--------------------------
写真集
合気道家 多田宏師範写真集
”気の錬磨 KINOREMMA”
↓クリックでアマゾンへ

--------------------------
プロフィール
--------------------------
写真作品集
................................
スタイリング作品集
--------------------------
Facebook Page
--------------------------
Instagram
--------------------------
ナショジオ Your Shot
--------------------------
アートチャリティー活動
--------------------------
撮影/Stylingのご依頼
--------------------------
ご連絡はこちらから↓
メール Contact form
--------------------------
Copyright 2007〜2017 ©Kaori Yamamoto All right reserved
【当ブログの文章や写真の
無断転載・使用・引用は
禁止です。】
--------------------------


カテゴリ

全体
私のお仕事 My works
アートチャリティー Charity
取り合わせの美 Styling
ワークショップ Art lesson
星亀日記 Startortoise
写真は詩うPhoto and words
生きること Life
木々草々 Nature
本の頁 Books
芸術のよろこび Art
音を楽しむ Music
たまに映画 Movie
おいしいひと時 Foods
おしゃれ Beauty
アニメ Anime
すてきな雑貨 Goods
暮らしのアイデア Living
街のいざない Town
ゆかいなひとびと People
ゆかいないきもの Animals
むかしながら Old things
Japan
Tokyo
Paris
Bruges
Brussels
London
脱原発 Antinuclearpower
合気道 Aikido
フォトレッスン Photo lesson
東京ぶらぶらスナップ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

波間日記
エミリアからの便り
koz-mic hours
心の万華鏡  
うろうろ、ごそごそ。
弁天スタジオ
梟通信~ホンの戯言
丸山誠司こっちも展望台
ウィーンとパリと好きなも...
Quel temps f...
雅子日記
HONEY SLASH!...
犬連れ@仏蘭西日記
Learn from y...
飛んでも五分歩いても五分
名嘉真麻希のスケッチブロ...
dezire_photo...
櫻井 砂冬美 / Sak...
鳥人の翼 In orde...
monukemuri
帽子・バッグ・小物作家の...
Midnight Edi...
言の葉遊び
とことこお散歩
よれよれチックタック撮影日記

ブログジャンル

クリエイター
写真家