<   2008年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

おもいでの街にて    ー吉祥寺コットンフィールド

吉祥寺にコットンフィールドという綿の布専門店があります。
キルト用のコットンからインテリア用まで幅広く扱ってるお店。
この店にしかない生地もあり、仕事の時は必ず見に行きます。
で、このお店、女性のお買い物についてきている男性がとっても多いんです。
こういう手芸店って男性は近寄りがたいものだと思いますが
二人で仲よく生地を選んだりしてます。
なんだかとても微笑ましい。いいなあ、、、

とはいえ、むかしは私も吉祥寺で男性とお買い物をしたものです。
結局うまくいかなかったし、それがすごく悲しかったけど
吉祥寺の仲良しカップルを見てると、私にもあんな風に
いい時間があったのは確かなんだな。って思いました。
それはそれで良かったな、って。
いつか二人で信号待ちした交差点で、ひとり信号を待ちながら、
あの頃ではわからなかった、おだやかで暖かい気持ちになりました。
吉祥寺コットンフィールド
a0095337_091312.jpg

[PR]
by kaorise | 2008-09-30 00:37 | すてきな雑貨 Goods | Trackback

ねえさんまたおいでよ      ー根津神社例大祭

a0095337_23531365.jpg
「ねえさん、まだ準備中でね焼けてないんだよ、悪いね〜
境内の店なら焼けてると思うよ」
まだ6才くらいの小さな女の子に
カステラ焼きの屋台のおじさんが言ってました。
小さな女の子は神輿を担ぐ正装をして、可愛いがま口を持ってます。
彼女はこっくりうなずくと、境内に入っていきました。
おじさんったら小さい女の子に「ねえさん」だって!
さすが根津、、まったくしゃれてる。

先日ひさしぶりに訪れた根津神社は例大祭でした。
普段は落ち着いた雰囲気なのですが
お祭りの時は屋台が出ていて賑やか。
それでもどこか上品な雰囲気なのは根津の個性でしょう。

私はここ根津周辺の雰囲気が大好きです。
そして最近なぜかこの周辺での仕事や、人のお誘いなどの用事が多いんです。
変ですよねえ。普通なら都心ですよね、、、
「ねえさんまたおいでよ」と街が誘ってくれてるのかしら。
根津神社
a0095337_2354811.jpg

[PR]
by kaorise | 2008-09-29 00:07 | Japan | Trackback

問屋街の「ネ申」       ー浅草橋駅前のレンタサイクル

隅田川沿いの江戸通りは、浅草花川戸から蔵前、浅草橋、馬喰町と問屋街。
川沿いに問屋があるのは、昔は荷物を船で運んでたからじゃないのかな、、
などと勝手に推測しています。
仕事では普通のお店で手にはいらない物を探しにいくので
この問屋街をあっちフラフラ、こっちフラフラと小売りしてくれる
お店を物色するんですが、、なんせ江戸通りは長い。
店と店が遠い。
で、モチロン荷物が重い。
資料、買い物、それに携帯食と水、サンプル撮影用のデジカメ、手帳などなど。
まるで山登りに行くような感じ。
途中休むと動けなくなるので携帯食は常備してます。
1日ぶっとおし7時間〜8時間歩くのはザラです。
もちろんトイレがある店もチェック済み。
撮影旅行で旅慣れしてるせいか、、、こういうのって割と平気。
しかし、あちこちの問屋街でこれを3日続けると、腰が痛くなってきました。
この間、浅草橋にレンタサイクルがあるのを発見!
うっわああ〜やったあ〜 ネ申、ネ申じゃ☆浅草橋のネ申じゃ☆

今度は仕事じゃない日に浅草まで乗ってみたい♪と思いました。
かっぱ橋にも行ける(包丁包丁包丁皿皿皿
アキハバラ巡りも超便利(アニメアニメアニメに次元に次元に次元☆
江戸通りを自転車こぎこぎ、神様が見せてくれるヲタクな夢、見ちゃった。
調べたら都内のレンタサイクルってあちこちにあるようです。
利用すると行動範囲がぐんと広がります。楽しいよ〜

☆浅草橋レンタサイクル
JR浅草橋西口を改札出て左、線路沿い右に歩くとノボリが見えます。
借りるには身分証(保険証など)が必要です。
東京休日案内レンタサイクル情報
レンタサイクルナビ
a0095337_012993.jpg
☆浅草橋駅近くの花火屋さんのディスプレイ。花火や人形も売ってました。
[PR]
by kaorise | 2008-09-28 00:14 | 街のいざない Town | Trackback

当たり前のこと、または予言      リルケー時祷詩集より


世紀の移る、ちょうどその時を私は生きている。
一枚の大きな紙から起こる風が感じられる、
神と、お前と、私とが書き、
見知らぬ者の手に高々とめくられる紙からの。

その上でなおすべてのものの産まれ得る
新らしい1ページの輝かしさが感じられる。

さまざまな静かな力が自分たちの広がりを調べている。
そしてたがいに暗く見かわしている。

            リルケ「時祷集」(1905年)より 尾崎喜八訳


☆およそ100年前に書かれたリルケの詩。
私は「紙」=「web page」に見立てて読みました。
おお100年前の予言?いや人間はこんなものよね、昔から。
それにしても、リルケの写真みてたら、、何やろ誰かに似とう。(小倉弁)
あ、おヒゲ剃ったらお友達の子供(オクターブちゃん)そっくり!
リルケ詩集
a0095337_0332554.jpg

[PR]
by kaorise | 2008-09-27 00:37 | Trackback

秋うらら       ー六義園(りくぎえん)

先日、秋晴れの午後に六義園へ行ってきました。
JR駒込駅から10分の日本庭園です。
長年東京に住んでいますが、、ここは初めて。
池を中心に左まわりにゆったりと風景を楽しみました。
私は日本庭園の良さがわかっていなかったのですが、、、
六義園で初めて、日本庭園を堪能しました。

自分の歩みにあわせてのんびり景色がながめていたのですが、、
う〜ん、どこを見ても見事な一幅の絵!屏風やふすま絵のよう、、
これはすごい。
映画で言えば長回しみたいな感覚で風景を楽しめました。
園内はほどよい広さで、途中に小さな滝があり水音を楽しめたり
お茶屋さんでお抹茶を頂けたりと、なんともいい感じ。
まるで京都に行ったみたい!
雨の日も雪の日も風情ありそうなお庭でした。

この日は、もう何年もお会いしてなかった方とご一緒したのですが
本当にいい思い出になりました。
もし誘ってもらわなかったら、この素晴らしい庭園を見る機会もなく
日本庭園の良さもまだわからなかったと思います。
いつか私が齢をとった時、秋の初めの六義園を懐かしく思い出すだろうな。
赤い曼珠沙華の花や、抹茶の味や、緑にゆれる水面、、、

人と人のかかわりっていいものですね。
秋うららかな午後、ご一緒して下さった方にとっても感謝しています。☆六義園
a0095337_0295944.jpg

[PR]
by kaorise | 2008-09-25 00:35 | Japan | Trackback

星亀のバチがあたったの

すっかり寒くなっちゃった。
たまに天気がよくってもウチの女中は忙しくて、お散歩に連れてってくれないの。
お友達には会えないし、ベランダに出たってたのしくないし
お部屋のなかは女中がかきあつめた道具でゴチャゴチャ。
もう、今日はわざとお台所でおしっこしてやりました。フン!
いつもはトイレに連れていってもらうまで待ってあげるんだけど。
でも「まあまあ、おしっこしたのね〜偉いねえ」
なんてほめられて余計腹が立ちましたの。
何だか腹が立つもんでお皿いっぱいのサラダをやけ食いしたのに
「まあまあ、いっぱい食べてなんていい子」
・・・・・可愛がられるってあんがい辛いものなのよ。
でも、明日はお天気ですって。しかも祝日!
代々木八幡様のお祭りで星亀日和。

たのみますよ、そこのイカレた女中さん、ちゃんとお散歩連れてってくれないなら
あんたが明け方見たおそろしい夢をみんなにバラすわよ〜
ずいぶんうなされてたじゃないの、、ああ怖い怖い。
だいたいあんたはね、星亀のバチがあたったのよ。
a0095337_044742.jpg

[PR]
by kaorise | 2008-09-23 00:58 | 星亀日記 Startortoise | Trackback

美しきものはみな

ーきれいだね、、、って昨日言ってた老夫婦の口ぶり、
どこかで聞いたことがある、と思いました。
どこだっけ、、そして思い出しました。
このブログにもよく書いてる、近所のおばあちゃんが言ったことば。

1年前のお正月、着物を着てお見舞いに行った時のことでした。
着物といってもウールの日常着で帯も安物。
ただ正月だから着物くらい着よう、と思ったんです。
当時寝たきりになってたおばあちゃんは、お布団から半身を起こして
上から下までずうっと見て「ああ、着物だねえ、ーきれいだね・・・」
その言い方が浅草橋の老夫婦の言葉と同じ響きだった。

老夫婦はかなりお年を召していました。
夫婦一緒に街をあるき、きれいなものを見る機会が残り少ないことを
はっきりとは言いはしないが、お互い自覚してるのでは、と思いました。
二人はこの時を愛おしむように、しげしげと造花を眺めていたのです。

もしかしたら、おばあちゃんも、同じような気持ちだったのでは。
残り少ない命で世界を見つめ味わっていたのではないかしら?
ああ、それに、、誰もが多かれ少なかれ残りの命なんだわ。
脇目もふらず若い時代を通りすぎたあとは、美しいものに触れ、
味わう機会は残り少なくなってる。
だからこそ、美を理解する心は成熟しているのね、、、

今日、あなたは美しい言葉に触れた?
美しいものを見た?聴いた?味わった?
それぞれ形は違うけど、美しきものはみな
自分の命の火花なんだよ。
美しきものはみな、みな、、、あなた自身なの。
a0095337_0102641.jpg

[PR]
by kaorise | 2008-09-22 00:12 | ゆかいなひとびと People | Trackback

マダオ浅草橋を行く

a0095337_0432053.jpg

昨日今日と、仕事で問屋街の浅草橋へいきました。
店先にはハロウィーンのディスプレイグッズがずらり。
ああ〜もうこんな季節、、と思ってたら
隣のお店にはクリスマスのディスプレイ!
う、今年はもう終わったらしい。ついでに私も終わってるらしいな。。。
とちょいスサンでいましたら
ゆるゆるとおじいさんおばあさんがやってきて
クリスマスの造花に見とれるんです。
「ーきれいだね・・・・」
「ーきれいだね・・・・」
って静かに言い合いながら。
二人とも80代くらいだと思います。
終戦の1945年には10代後半〜20代前半か。
もしかしたら、もっと年上?

青春は破壊と創造どころか、時代が破壊と創造の世代。
これは大変なことです。
だから、きれいだね、、って二人でしみじみ言えるのかなあ。
同じものを見て「も、もうクリスマス!今年も私はマダオだった・・」と
思った自分が恥ずかしいよ、、まったく。

☆あー、ちなみにマダオはまるでだめなおっさん、略してマダオですけど
まるでダメなおばさん、略してマダオでも使用できます。
a0095337_0435994.jpg

[PR]
by kaorise | 2008-09-21 00:48 | 街のいざない Town | Trackback

おもちゃのチャチャチャ      野坂昭如作詞 補作詩吉岡治

おもちゃのチャチャチャ
おもちゃのチャチャチャ
チャチャチャ おもちゃのチャチャチャ
そらにキラキラ おほしさま
みんなすやすや ねむるころ
おもちゃははこを とびだして
おどるおもちゃのチャチャチャ

おもちゃのチャチャチャ
おもちゃのチャチャチャ
チャチャチャ おもちゃのチャチャチャ
なまりのへいたい とてちてた
ラッパならして こんばんは
フランスにんぎょう すてきでしょ
はなのドレスでチャチャチャ

おもちゃのチャチャチャ
おもちゃのチャチャチャ
チャチャチャ おもちゃのチャチャチャ
きょうはおもちゃの おまつりだ
みんなたのしく うたいましょう
こひつじメーメー こねこはニャー
こぶたブースカ チャチャチャ

おもちゃのチャチャチャ
おもちゃのチャチャチャ
チャチャチャ おもちゃのチャチャチャ
そらにさよなら おほしさま
まどにおひさま こんにちは
おもちゃはかえる おもちゃばこ
そしてねむるよチャチャチャ

おもちゃのチャチャチャ
おもちゃのチャチャチャ
チャチャチャ おもちゃのチャチャチャ

☆やなことがあった時、辛い時、この歌を歌いましょ。不思議と元気になりますよ。
この歌、昭和の「バーとこ」(私の田舎の方言でバーやキャバレーのこと)を
歌にしたのではないの?などと思うのでした。
子供の頃、よく父にお姉さん達のいる「バーとこ」に連れてってもらったんですけど
♪親父ブースカ チャッチャッチャッ♪って感じだったのよね。
写真はモモリータさんのお人形たち。21世紀の大人を癒すお姉さん達なのよん☆
a0095337_126117.jpg

[PR]
by kaorise | 2008-09-19 01:40 | 音を楽しむ Music | Trackback

星呼び       ージェイムズ・ティプトリー・ジュニア

たおやかな狂える手に 彼の持てるはまさしく花々
汚れた鉄格子に向かい ちぎり捩じるー
(何とかの)藁束は 狭く閉ざされた宇宙を
惨めに縁取り 鈍感な世のひとは 
蔑み哀れむのみ おお(何とかー何とかー)
誰が知ろう いかなる神授の夢が
奇しき美酒のごとく(何とかー何とかー)
憂鬱を星ぼしに掛けわたすかを
おお悲運の同朋よ 星は憐れむとも
君の迷える瞳の約束するものを 私は貴ぶ
日毎虚栄の(何とかー)からはるかに遠い 痴人の半王国を
おお この世の花よりなお美しい
月に唇づけられた薔薇
愛や睡りにいかに勝れるか
星の冠いただく君の孤独な忘却の時

・アーネスト・ダウスン作「癲狂院にあるものに」1875年ごろ。SF読者ならばご記憶を。

       ージェイムズ・ティプトリー・ジュニア「たおやかな狂える手に」より

☆主人公の名前はキャロル・ペイジ。コールド・ピッグ。CP。とても醜い女性。
彼女の苦しみは全女性のエッセンス。
未来の設定で描かれているけど、これは昔から女が耐えて来た苦しみと夢。
私も味わってきた苦しみと夢。でも私は彼女ほど強くなれませんでした。
きっとこういう女性は今もいて、どこかで戦っていると思う。
私にとって彼女は狂っているどころか、、むしろ正常で強靭な人。
いや、正常で強靭すぎるという事はもはや狂気なのだろうか?
狂気だとしても、、私は今どこかで地を這っているCPを貴び、愛します。
彼女に呼びかける私の手もたおやかで、そして狂っているんでしょう、多分。

星ぼしの荒野から-ハヤカワ文庫SF-ジェイムズ・ティプトリー・Jr
a0095337_102422.jpg

[PR]
by kaorise | 2008-09-17 00:51 | Trackback


写真家・スタイリスト山本カオリです。渋谷のつま先からお届けしてます。


by kaorise

プロフィールを見る

2017年9月18日ブログ移転しました写真色のひととき

当ブログの文章や写真の
無断転載・使用・商用引用は
禁止です。】

写真教室
目的に沿って確実に学ぶ個
人レッスン中心の写真教室
を主宰しています。
初心者カメラ操作講座、写
真基礎短期講座、ビジネス
や教室運営のスタイリング
写真撮影講座など、目的別
に写真を着実に学べます。
開講以来、大好評です。
詳細はこちら↓
写真色の時間

--------------------------
ブログランキング参加中
2ヶ所に応援クリック★★
よろしくお願いいたします!
       
人気ブログランキング    
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村 

--------------------------
写真集
合気道家 多田宏師範写真集
”気の錬磨 KINOREMMA”
↓クリックでアマゾンへ

--------------------------
プロフィール
--------------------------
写真作品集
................................
スタイリング作品集
--------------------------
Facebook Page
--------------------------
Instagram
--------------------------
ナショジオ Your Shot
--------------------------
アートチャリティー活動
--------------------------
撮影/Stylingのご依頼
--------------------------
ご連絡はこちらから↓
メール Contact form
--------------------------
Copyright 2007〜2017 ©Kaori Yamamoto All right reserved
【当ブログの文章や写真の
無断転載・使用・引用は
禁止です。】
--------------------------


カテゴリ

全体
私のお仕事 My works
アートチャリティー Charity
取り合わせの美 Styling
ワークショップ Art lesson
星亀日記 Startortoise
写真は詩うPhoto and words
生きること Life
木々草々 Nature
本の頁 Books
芸術のよろこび Art
音を楽しむ Music
たまに映画 Movie
おいしいひと時 Foods
おしゃれ Beauty
アニメ Anime
すてきな雑貨 Goods
暮らしのアイデア Living
街のいざない Town
ゆかいなひとびと People
ゆかいないきもの Animals
むかしながら Old things
Japan
Tokyo
Paris
Bruges
Brussels
London
脱原発 Antinuclearpower
合気道 Aikido
フォトレッスン Photo lesson
東京ぶらぶらスナップ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

波間日記
エミリアからの便り
koz-mic hours
心の万華鏡  
うろうろ、ごそごそ。
弁天スタジオ
梟通信~ホンの戯言
丸山誠司こっちも展望台
ウィーンとパリと好きなも...
Quel temps f...
雅子日記
HONEY SLASH!...
犬連れ@仏蘭西日記
Learn from y...
飛んでも五分歩いても五分
名嘉真麻希のスケッチブロ...
dezire_photo...
櫻井 砂冬美 / Sak...
鳥人の翼 In orde...
monukemuri
帽子・バッグ・小物作家の...
Midnight Edi...
言の葉遊び
とことこお散歩
よれよれチックタック撮影日記

ブログジャンル

クリエイター
写真家