<   2008年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

神倉山

海をみにいく前に登った小高い山のうえには
ゴトビキ岩という大きな岩があって
それが神様でした。
有名な熊野の火祭りはこの岩のところから
たいまつをもって駆け下りるんだそうです。
ところがこの岩までのぼるには
目がくらむような急な石段を這うようにして
いかねばなりません。

ゆうぐれ写真を撮りたくて機材をかついで、
暗い石段の前にたった時は泣きそうで、、というか
怖くて怖くて泣きながら登りました、、、(私弱虫なんです)
ところが登ってみると視界がひらけて明るかった!
おまけに次から次へと地元の人がお参りに来て
お掃除して帰るじゃありませんか。
信仰本来の姿だなあ、と感動しました。

写真を撮る前に必ず手をあわせるんですが
この時、メソメソした自分の弱虫ぶりにあきれはて
「何かの運動を始めて体をきたえよう、、」
なんて決心した場所です。
その後、これがきっかけで合気道を少しやりました。
神倉山は思い出深い場所です。
a0095337_17462092.jpg
☆新宮駅から歩いて20分くらいでしょうか。途中の街並みもレトロでのどかな雰囲気。
日本の神話を感じさせる、とっても素敵な場所です。
[PR]
by kaorise | 2008-01-31 17:50 | Japan | Trackback

新宮の海

はじめてのひとり旅は
「新宮」っていう街が終着駅だった。

小高い山の神社からみえた海が
銀色にかがやいていたので
とことこ歩いて見に行った。

海岸には丸い石がたくさん並んで
まるで卵みたい。
細やかな波は柔らかいレース。
やさしい海のうたごえ。
涙のようにあたたかな風。

おおらかな熊野の海。
ひとしきり波打ち際で遊んだ。
とても楽しくて、
生まれ変わった気分だった。

そんな私のうしろでは
地元のおじいさん、おばあさんたちが
ぼんやりと海を眺めて安らいでいた。
a0095337_21413495.jpg
☆昔の旅のプリントです。この一人旅をきっかけに日本国内をあちこちとまわった時期がありました。
自分のためだけに撮った風景ばかりですが、、美しいものをアップしていきたいと思います。
[PR]
by kaorise | 2008-01-30 21:48 | Japan | Trackback

星亀の年輪

近所の大学キャンパスがみゅうちゃんのお散歩コース。
顔見知りになった方々も沢山いらっしゃいます。
学生さん、ご近所の犬の飼い主さん、先生、、、

ある方と話してるとき、みゅうちゃんの年齢の話になり
おそらく14歳くらいだとおもう、、と話をしました。
それに甲羅の甲羅板が一枚一枚年輪のようになってて
数えると、どれもだいたい14巻きずつあるのです。
「これって年齢と関係あるかしら、、、?」と話していると
「僕は魚釣りをするんですが、魚のウロコも年輪風になってて
それが魚の年齢なんです、だから亀もそうかもしれない、、」
そんな話をしました。

なんだか神秘だなあ〜
木の年輪、亀の年輪、魚の年輪、、、いのちのロマンを感じます。
a0095337_1333851.jpg

[PR]
by kaorise | 2008-01-29 13:04 | 星亀日記 Startortoise | Trackback

前世今世

「前世は〜だったのかもよ」
なんて話を聞くたびに、
もし
前世で誰かがお殿様やお姫様だったとしても
誰ひとりとして今の私達よりいい暮らしはしてないんだよね〜
と思います。

蛇口をひねればキレイな水がでるし
ガスをひねれば火がたけるし
電気はすみずみまでいきわたり
知らない人とインターネットで会話して
時にははげましてもらったり。
CDつければ憧れの演奏家が素晴らしい音を奏で
街にはうなるほど書籍があふれてる。

みんなで豊かだから
もしかしてもしかすると自分の前世は?って思いたいかも。
でも私、ふつうに水道がいきわたってる今の方が
ずっといいなぁ〜

a0095337_22292270.jpg

[PR]
by kaorise | 2008-01-27 22:34 | 生きること Life | Trackback

干してみよう

干ししめじ作ってみました。
冬は乾燥しているので、天日で簡単に作れます。
カゴにいれて陽の当たるベランダで4〜5日干すだけ!

お湯で戻すとすぐにふくらみ、料理にとても便利です。
生のしめじより香りが強く、ダシもよく出ました。
保存がきくのもうれしいところ。

今はセロリの葉っぱを試作中。
どんなのができるかなあ、、?と楽しみです。
a0095337_13295646.jpg

[PR]
by kaorise | 2008-01-25 13:33 | おいしいひと時 Foods | Trackback

冬のこいびと

この季節は花瓶のお花がとっても長生きしてくれます。
すぐ枯れちゃうからなあ、、と
いつもならあきらめてしまうお花もなが〜く楽しめます。
特にバラはおすすめです。

白い冬に色とりどりのバラの花と暮らしてる。
そう思うと、、なんだかとてもロマンチック。
a0095337_2303873.jpg

[PR]
by kaorise | 2008-01-24 23:03 | 木々草々 Nature | Trackback

永訣の朝                   宮沢 賢治

けふのうちに
とほくへいつてしまふわたくしのいもうとよ
みぞれがふつておもてはへんにあかるいのだ
         (あめゆじゆとてちてけんじや)
うすあかくいつさう陰惨な雲から
みぞれはびちよびちよふつてくる
         (あめゆじゆとてちてけんじや)
青いじゅんさいのもやうのついた
これらふたつのかけた陶椀に
おまへがたべるあめゆきをとらうとして
わたくしはまがつたてつぽうだまのやうに
このくらいみぞれのなかに飛びだした
        (あめゆじゆとてちてけんじや)
蒼鉛いろの暗い雲から
みぞれはびちよびちよ沈んでくる
ああとし子
死ぬといふいまごろになつて
わたくしをいつしやうあかるくするために
こんなさつぱりした雪のひとわんを
おまへはわたしにたのんだのだ
ありがたうわたくしのけなげないもうとよ
わたくしもまつすぐにすすんでいくから
        (あめゆじゆとてちてけんじや)
はげしいはげしい熱やあえぎのあひだから
おまへはわたくしにたのんだのだ
 銀河や太陽 気圏などとよばれたせかいの
そらからおちた雪のさいごのひとわんを・・・・・・
・・・・・・ふたきれのみかげせきざいに
みぞれはさびしくたまつている
わたくしはそのうへにあぶなくたち
雪と水のまつしろな二相系をたもち
すきとほるつめたい雫にみちた
このつややかな松のえだから
わたくしのやさしいいもうとの
さいごのたべものをもらつていかう
わたしたちがいつしよにそだつてきたあひだ
みなれたちやわんのこの藍のもやうにも
もうけふおまへはわかれてしまふ
(Ora Orade Shitori egumo)
ほんたうにけふおまへはわかれてしまふ
あぁあのとざされた病室の
くらいびやうぶやかやのなかに
やさしくあをじろく燃えている
わたくしのけなげないもうとよ
この雪はどこをえらぼうにも
あんまりどこもまつしろなのだ
あんなおそろしいみだれたそらから
このうつくしい雪がきたのだ
      (うまれでくるたて
       こんどはこたにわりやのごとばかりで
       くるしまなあよにうまれてくる)
おまへがたべるこのふたわんのゆきに
わたくしはいまこころからいのる
どうかこれが兜率(とそつ)の天の食に変つて
やがてはおまへとみんなとに
聖い(きよい)資糧をもたらすことを
わたくしのすべてのさいはひをかけてねがふ
a0095337_173328.jpg
☆宮沢賢治の妹トシが亡くなった朝をうたった詩です。
(あめゆじゆとてちてけんじや)は妹の発した方言で(あめゆきをとってきて)
(うまれでくるたて〜)は(今度うまれてきたら自分事ばかりで苦しまないよううまれてくる/自分事ばかりでなく人のためになりたいという願い)
「兜率の天」は将来仏となるはずの菩薩のすむ場所。

いつも雪がふるとこのうたを思い出します。
[PR]
by kaorise | 2008-01-23 17:32 | Trackback

スカイブルー

こどものころ見上げた空の青さは
透き通ってて、ひろびろしてた。
運動場の真ん中で、青空は小さな心をすいとって
こどもの哀しみをわすれさせた。

大人になっても、都会で見ても、
空はあのころと少しもかわらない。
孤独の色をやさしく吸い取って、
スカイブルーに染めてくれる。
a0095337_14155127.jpg
☆寒い冬は、お花や緑が少ないけれど青空がいちばん綺麗な季節。
晴れた日は空をみあげてみませんか?
[PR]
by kaorise | 2008-01-21 14:25 | 写真は詩うPhoto and words | Trackback

星亀ゴール!

私はサッカーを知らないけど
ここが重要な場所だってことはわかるわ。。。
ここにくるとなんかジ〜〜ンとするもんね。
a0095337_1425191.jpg
むむっ、、不思議な波動を感じる・・・勝利の波動か!?
a0095337_1434572.jpg
ほあぁ〜〜偉大なるアクビの波動だったわ〜
a0095337_144396.jpg

[PR]
by kaorise | 2008-01-19 14:06 | 星亀日記 Startortoise | Trackback

自分がどんな人間で・・・

ケルビーノのアリア                     モーツァルト歌劇「フィガロの結婚」より

自分がどんな人間で、何をどうすればよいのかわからない・・・
時には火のように、また時には水のように
どんな女も僕の顔を赤くさせるし
どんな女も僕の胸の鼓動をはずませる。
愛という言葉だけにも
僕の心は乱れ、
自分でさえ説明しようのない一つの望みが
僕に恋を語らせてしまうのさ!
目覚めていようと恋を語り、
まどろんでいようと恋を語り、
木に、影に、山に、
花に、草に、泉に、
こだまに、大気に、風に、
みんないたずらに言葉の響きを
どこへともなく運びさってしまうものだけど・・・
それでももし、誰も聞いてくれなかったら
僕は自分一人でも恋を語るのさ。
a0095337_16304474.jpg
☆ケルビーノのアリアは「恋とはどういうものかしら、、、」が有名ですが、私はこの曲が大好きです。
軽やかなメロディとみずみずしい歌詞で若者の恋心をみごとにあらわしています。
最後の歌詞では、恋心って湧きあがる芸術家の心と似ているなあ、、と感じます。
[PR]
by kaorise | 2008-01-17 16:45 | 音を楽しむ Music | Trackback


写真家・スタイリスト山本カオリです。渋谷のつま先からお届けしてます。


by kaorise

プロフィールを見る

2017年9月18日ブログ移転しました写真色のひととき

当ブログの文章や写真の
無断転載・使用・商用引用は
禁止です。】

写真教室
目的に沿って確実に学ぶ個
人レッスン中心の写真教室
を主宰しています。
初心者カメラ操作講座、写
真基礎短期講座、ビジネス
や教室運営のスタイリング
写真撮影講座など、目的別
に写真を着実に学べます。
開講以来、大好評です。
詳細はこちら↓
写真色の時間

--------------------------
ブログランキング参加中
2ヶ所に応援クリック★★
よろしくお願いいたします!
       
人気ブログランキング    
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村 

--------------------------
写真集
合気道家 多田宏師範写真集
”気の錬磨 KINOREMMA”
↓クリックでアマゾンへ

--------------------------
プロフィール
--------------------------
写真作品集
................................
スタイリング作品集
--------------------------
Facebook Page
--------------------------
Instagram
--------------------------
ナショジオ Your Shot
--------------------------
アートチャリティー活動
--------------------------
撮影/Stylingのご依頼
--------------------------
ご連絡はこちらから↓
メール Contact form
--------------------------
Copyright 2007〜2017 ©Kaori Yamamoto All right reserved
【当ブログの文章や写真の
無断転載・使用・引用は
禁止です。】
--------------------------


カテゴリ

全体
私のお仕事 My works
アートチャリティー Charity
取り合わせの美 Styling
ワークショップ Art lesson
星亀日記 Startortoise
写真は詩うPhoto and words
生きること Life
木々草々 Nature
本の頁 Books
芸術のよろこび Art
音を楽しむ Music
たまに映画 Movie
おいしいひと時 Foods
おしゃれ Beauty
アニメ Anime
すてきな雑貨 Goods
暮らしのアイデア Living
街のいざない Town
ゆかいなひとびと People
ゆかいないきもの Animals
むかしながら Old things
Japan
Tokyo
Paris
Bruges
Brussels
London
脱原発 Antinuclearpower
合気道 Aikido
フォトレッスン Photo lesson
東京ぶらぶらスナップ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

波間日記
エミリアからの便り
koz-mic hours
心の万華鏡  
うろうろ、ごそごそ。
弁天スタジオ
梟通信~ホンの戯言
丸山誠司こっちも展望台
ウィーンとパリと好きなも...
Quel temps f...
雅子日記
HONEY SLASH!...
犬連れ@仏蘭西日記
Learn from y...
飛んでも五分歩いても五分
名嘉真麻希のスケッチブロ...
dezire_photo...
櫻井 砂冬美 / Sak...
鳥人の翼 In orde...
monukemuri
帽子・バッグ・小物作家の...
Midnight Edi...
言の葉遊び
とことこお散歩
よれよれチックタック撮影日記

ブログジャンル

クリエイター
写真家