<   2007年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

星の貝殻  ー凱旋門

凱旋門の中の大きな貝殻。
世界中からやってきた観光客は巻貝の中を息を切らして登る。
門の頂上までえんえんと、、、

凱旋門からは、放射状に通りが広がる。
まるで星の輝きのよう。
だからエトワール(星)凱旋門。

星の中には大きな巻貝があって、人間はプランクトンになって、
上り下りするなんて、ガイドブックには書いていない。
でも、本当よ。

a0095337_23251169.jpg

[PR]
by kaorise | 2007-06-30 23:26 | Paris | Trackback

大祓いの日

6月30日は大祓いの日。

神社では、人の形に切り抜いた人形にケガレをうつしたものを用いて
人の罪を祓う儀式をする。
社殿の前には茅の輪や御幣が飾られ、すがすがしい美しさ。
お参りする時は、くるくると茅の輪をくぐり、
神様に今年前半の生活を感謝する。
この日が来ると、ほんとうに1年が過ぎるのは早いものだとしみじみ思う。

今日は、この土地で暮らしていける事と、
そして母を連れていったフランス旅行に、

神様、ありがとう!

a0095337_22483095.jpg

[PR]
by kaorise | 2007-06-30 22:50 | Japan | Trackback

モナリザ  ーシャルルドゴール空港

モナリザはルーヴルに住んでいる、
世界一のセレブリティ。
ルーヴルにはいろんなセレブが住んでいるけど、彼女は特別。
周囲にはおつきの人が何人もいて、ガラスの中の彼女を守ってる。
もちろん撮影は御法度。
注意を無視して撮影する人はこっぴどく叱られてた。
モナリザは、「うふふ、、いつまでたってもおばかさんねえ〜」って顔をして、
優雅なポーズを崩さない。

a0095337_2350922.jpg

[PR]
by kaorise | 2007-06-29 23:51 | Paris | Trackback

女神の椅子  ーパリ市庁舎前での庭園イベント

夏の女神は、
きっとこんな椅子をオーダーするだろう。
宝石や絹よりも緑の椅子。

そして、オレンジと黄色に染めたドレスを着て
しなやかに座る。
大輪のダリアのように。

a0095337_23355087.jpg

[PR]
by kaorise | 2007-06-29 23:36 | Paris | Trackback

セーヌの青い鳥   ーシテ島の花市

青い鳥を
みんな逃がしてしまった鳥かご。
シテ島の店に沢山つるされてた。

その下には沢山のお花たち。
鳥の行き先をうわさしてた。

幸せになるのかしら、、、
いいえ、幸せなのかしら、、
そんなこと、あたしたちには、わかんないわ。
幸せかどうかなんて、本人にしかわからない。
そうよね、、わたしはあなたじゃないし、
あなたはわたしじゃないのと同じ。

それにしても今日はいいお天気。
川からは、いい風が吹いてくる。
まあいいじゃないの、ただそれだけで、、、

a0095337_0534579.jpg

[PR]
by kaorise | 2007-06-29 00:55 | Paris | Trackback

モルトフォンテーヌの思い出   ールーヴル美術館

大切な思い出は、いつも夢のようにゆらめく。
ぼんやりとした甘い空気のかなたに
愛する人々が遊ぶ。

カミーユ・コローのモルトフォンテーヌの思い出は
とても個人的なイメージで、心ひきつけられる。
発表した当初、画壇では不評だったものの、
ナポレオン3世が思い出深い場所の絵だから、と買い上げたという。
コローはそれを誇りにし、この絵の複製写真を飾ってくらした。

芸術家の心の風景が、見る人の心の風景とかさなり、
絵は永遠の思い出となって生き続ける。

わたしにとっては、妹と彼女の娘達が
この絵の中でいつまでも幸せそうに遊んでいるのです。
a0095337_22201899.jpg

[PR]
by kaorise | 2007-06-28 22:26 | Paris | Trackback

人生はこんなもの  ーブリュッセルからパリ 北駅

ベルギーからパリに向かう列車の中、
指定席に座らず、通路の簡易座席に座った私は
二人の男性と乗り合わせた。
ひとりは30才くらいのフランス人の医者の卵。
もうひとりは20代後半くらいのスペイン人。

スペイン人の男性は仕事を求めてベルギーに流れ、
どうにもならなくなって無賃乗車して故郷に戻るところだった。
フランス人の男性はスペイン語も英語も堪能で、
ただ乗り合わせただけなのに、車掌にこの人の事情をとくとくと説明し、
3ヶ月の猶予をもらえるチケットを切るよう交渉していた。
彼は車掌にセラヴィという言葉をはなった。
車掌達は仕方ないか、、、という顔をして猶予を与えるチケットを切った。

彼らが去ったあと、フランス人の男性は
That's life. と私にも言った。
スペイン人の男性は十字を切り、上を見上げ祈り、
明るく笑った。
労働と旅で日焼けした顔はハンサムで青い瞳は澄んでいた。

一瞬の喜びのあと、二人は黙ってうなだれた。
そして長い間床を見つめた。
私はただその沈黙を見守った。

ースペインは政治的な問題があって、彼らのような人には仕事がないんだ。
だから移民が増える。彼らは政治の犠牲者だ、とフランス人は私に話しかけた。
ー日本はどうなの?どんな仕事の環境なの?
ーみんな朝早くから夜遅くまでものすごく勤勉に働いてる。でもそれで心を病む人も多い。
ーなぜ?
ーそういう社会なの。
ー東京はどんなところ?
ー近代的で、機械化が進んでいて、、オートマチックのトイレなんてモノまである。
フタの開け閉めも水も全部自動なの。
ーえ!?トイレにはいってどこも触らないってこと?
ーええ。ペーパーは自分で取るけどね。、、一種、きちがいじみてると思う。

男達は大笑いした。

ほどなく北駅に到着して、通路には他の客がおしよせてきた。
わたしたちは立ち上がって、またいつか。と声を掛け合った。

スペイン人の男性は出口を出る時に、一瞬ふりむいて
ボン ジョルネ と心のこもった声であいさつした。
私は言葉がでなくて、ただ、にこっと微笑んだ。

足早に去る二人の後ろ姿は、北駅の雑踏にまぎれこみ
そしてすぐに消えてしまった。

a0095337_1426686.jpg

[PR]
by kaorise | 2007-06-28 14:52 | Paris | Trackback

Paris    ーパリ市庁舎

乞食とスノッブ。
絢爛と貧困。
涙とほほえみ。
つめたい石にかこまれて、
血と汗を生きる人々。

美と喧噪の風にさらされて
かたい石の街をゆき過ぎる。
血がすっかり冷えた頃、
人はぬくもりを求めはじめる。

そうやってこの街の人情は産まれるんだろう。

a0095337_12513940.jpg

[PR]
by kaorise | 2007-06-28 13:15 | Paris | Trackback

鳥籠

とっても不幸だった頃
自分が持っていないものを数えていた。
それがあれば幸せになれるのに、、、って。
手に入れるために無理をして、疲れてた。

そんなことはやめて、
ずっと前から持っているものを大切にしたら、
少しずつ幸せを感じはじめた。

幸せになろうと思ったのが間違いのはじまり。
「幸せになりたい」と思える余裕があるなんて
とても恵まれていた。

私の小さな鳥かごは、今はもうからっぽ。
青い鳥なんて、いなくていいの。

a0095337_23551100.jpg

[PR]
by kaorise | 2007-06-15 23:15 | 生きること Life | Trackback

この胸のときめきを

朝方乗ったタクシーのラジオから、低く流れてきた曲。
♪ It wasn't me who changed but you.....
なつかしい曲、、タイトルも歌手の名前も憶えていないけど、、

「懐かしい曲ですねえ〜」と運転手さん。
同じこと感じていたんだ、、とちょっとびっくり。
「ほんとですね」
運転手さんはラジオのボリュームをあげながら、
「音楽の力ってすごいですね〜随分昔にきいていた曲なのに、、
今でも聞けばその時がよみがえる。わすれていたのに一緒に口ずさめるし、、、」

♪ You don't have to say you love me just be close at hand
   you don't have to stay forever I will understand.
   Believe me..Believe me..

「この曲、、プレスリーも歌っていたんですよね、、」と運転手さん。
「何て曲でしたっけ?」
「この胸のときめきを、ですよ。」
ラジオから”1999年に亡くなったダスティ・スプリングフィールドの歌で、、、”
「そうそう!そうだった。この歌手は面長でねえ!」

「東京に出てきた頃、、友達がこのレコードをかけてくれてね。」と私。
「お客さんも私に近い世代ですかね?」
「そうですねえ」

この胸にときめきを、あの頃はやみくもに抱えていたのに
ー愛しているなんていわなくていい。ただそばにいて。
今はこんな歌詞が胸に沁みる。

a0095337_6341776.jpg

[PR]
by kaorise | 2007-06-15 06:47 | 音を楽しむ Music | Trackback


写真家・スタイリスト山本カオリです。渋谷のつま先からお届けしてます。


by kaorise

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2017年9月18日ブログ移転しました写真色のひととき

当ブログの文章や写真の
無断転載・使用・商用引用は
禁止です。】

写真教室
目的に沿って確実に学ぶ個
人レッスン中心の写真教室
を主宰しています。
初心者カメラ操作講座、写
真基礎短期講座、ビジネス
や教室運営のスタイリング
写真撮影講座など、目的別
に写真を着実に学べます。
開講以来、大好評です。
詳細はこちら↓
写真色の時間

--------------------------
ブログランキング参加中
2ヶ所に応援クリック★★
よろしくお願いいたします!
       
人気ブログランキング    
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村 

--------------------------
写真集
合気道家 多田宏師範写真集
”気の錬磨 KINOREMMA”
↓クリックでアマゾンへ

--------------------------
プロフィール
--------------------------
写真作品集
................................
スタイリング作品集
--------------------------
Facebook Page
--------------------------
Instagram
--------------------------
ナショジオ Your Shot
--------------------------
アートチャリティー活動
--------------------------
撮影/Stylingのご依頼
--------------------------
ご連絡はこちらから↓
メール Contact form
--------------------------
Copyright 2007〜2017 ©Kaori Yamamoto All right reserved
【当ブログの文章や写真の
無断転載・使用・引用は
禁止です。】
--------------------------


カテゴリ

全体
私のお仕事 My works
アートチャリティー Charity
取り合わせの美 Styling
ワークショップ Art lesson
星亀日記 Startortoise
写真は詩うPhoto and words
生きること Life
木々草々 Nature
本の頁 Books
芸術のよろこび Art
音を楽しむ Music
たまに映画 Movie
おいしいひと時 Foods
おしゃれ Beauty
アニメ Anime
すてきな雑貨 Goods
暮らしのアイデア Living
街のいざない Town
ゆかいなひとびと People
ゆかいないきもの Animals
むかしながら Old things
Japan
Tokyo
Paris
Bruges
Brussels
London
脱原発 Antinuclearpower
合気道 Aikido
フォトレッスン Photo lesson
東京ぶらぶらスナップ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

波間日記
エミリアからの便り
koz-mic hours
心の万華鏡  
うろうろ、ごそごそ。
弁天スタジオ
梟通信~ホンの戯言
丸山誠司こっちも展望台
ウィーンとパリと好きなも...
Quel temps f...
雅子日記
HONEY SLASH!...
犬連れ@仏蘭西日記
Learn from y...
飛んでも五分歩いても五分
名嘉真麻希のスケッチブロ...
dezire_photo...
櫻井 砂冬美 / Sak...
鳥人の翼 In orde...
monukemuri
帽子・バッグ・小物作家の...
Midnight Edi...
言の葉遊び
とことこお散歩
よれよれチックタック撮影日記

ブログジャンル

クリエイター
写真家