海のむこうのパラダイス           ーおんな二人熊野巡り 那智の瀧

記念撮影をすませた私達、バスでまた那智駅に戻って温泉に入ることに。
そのまえに腹ごしらえをしなければ!
すぐ近くにこぎれいなお茶屋さんがあったので、二人でうどんを食べる事にします。
帰りぎわ、那智の黒飴を買うと鈴さんが「ここの袋、記念に持っておくわ、、」
とお茶屋のマークが印刷されたポリ袋を眺めています。
そうよね、、旦那さんと一緒に来た場所だもんね。
簡単なおうどんの昼食だったけど、那智で食事してよかったなあ、、
a0095337_17214147.jpg

那智の瀧から15分程度でつく那智駅には日帰り温泉施設があり、美しい那智の海岸がひろがっています。
この那智の浜、平安時代から江戸初期まで補陀洛渡海という宗教儀式の行われたところ。
美しい海のむこうに極楽浄土があると信じ、すぐ近くにある補陀洛山寺のお坊さんが出口のない小舟にのって
念仏をとなえながら、人々の幸せを祈りつつ即身成仏したといいます。
私のような俗物には「やめてぇーそんなホラーこーわい〜!」みたいな話。
でも江戸時代にはやっぱ残酷なんでやめます。。って事になったらしい。
いまでも海の向こうはパラダイス!?と思えるくらい那智の浜は美しいのです。
温泉に入るまえに、鈴さんと二人で昔の人を偲びながら浜辺をお散歩することに。
誰もいないかとおもいきや、、そこには先客がおられました。
「あれ?鈴さん、、あのひとたち!」
「そうよ、行きのバス停と、古道で会った、、」
実は私達、行きのバス停で外国人のご夫婦と会って、軽くことばを交わしたのです。
彼らはフランス人で日本の伝統に興味があって熊野まで来たのだそうです。
フランス人なのに二人とも英語を喋れるのでお話ができたんです。
一緒にバスに乗って那智瀧まで行ったのですが、私達は那智瀧、彼らは那智大社で下車したのです。
瀧からの古道でまた出会い、旦那さんが「二の瀧、三の瀧にも行ってみたいのだけど」とおっしゃいます。
そこは聖域なので普通は行けないのです、と答え、お互いに「よい旅を!」とわかれました。
なのにまた那智の浜でお会いするとは、、、ビックリ。
a0095337_17221375.jpg

「Hi!」と手をふって私達が近付いていくと、「君らも裸足で水にはいるといい!疲れてる足に気持ちいい、、健康にいいしね!」と旦那さん。
いろいろ話していると二人は補陀洛渡海のことも良くしっています。
「向こうにパラダイスがあるとおもう??」
「うーん、、パラダイスって、こころの中にしかないかも、、」と私。
「それにしても、どうしてここの海岸には人がいないの!?こんなに素晴らしいところなのに!」
「オフシーズンだから。夏は人でいっぱいらしい。」
「信じられない!誰もいないなんて、、」と旦那さん。
那智の浜は堤防があってサーフィンにも向かないのか、いつきても閑散としてます。
そのせいかとてもノンビリしてて、熊野巡りの穴場。
しかしこの二人はすごいなーガイドなしで旅行して、日本人以上に那智のポイントを的確に押さえてる。
アンドレ・マルロオも「那智瀧図」をみて本物を見に出かけたというし、那智の瀧を「アマテラス」
「天にむかって立つ剱」と賞賛したそうです。
外国人だというのになんと的確な、、日本人でもそこまでは理解できないと思うのです。
奇遇にも彼と同じように私もそうやって那智の瀧に来て、自らのうちにある日本を発見したのだけど、、
何かをもとめる心に日本人とか外国人とか関係ないのでしょうね。

「二人が海岸を歩いている写真を撮ったから、メールでおくりましょうか?」と申し出ると
「わー嬉しいわ!」と奥さん。
メールアドレスを交換して、私と鈴さんは温泉へ、、
那智浜の温泉は「丹敷の湯」といって、かけながしではありませんが、窓からばーんと那智の浜がみえて絶景です。
まあ、、浜からも裸がまるみえって事なんですけどね〜
那智の浜を歩いて不意にみてしまったオバサン、オジサンの裸にぜつぼー、海の向こうのパラダイスへ旅立とう。。。
なんてことにならないよう、お若いかたはご用心ご用心!
a0095337_17224762.jpg

[PR]
by kaorise | 2009-11-17 17:35 | Japan | Trackback
トラックバックURL : http://shibutoes.exblog.jp/tb/9260117
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


写真家・スタイリスト山本カオリです。渋谷のつま先からお届けしてます。


by kaorise

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2017年9月18日ブログ移転しました写真色のひととき

当ブログの文章や写真の
無断転載・使用・商用引用は
禁止です。】

写真教室
目的に沿って確実に学ぶ個
人レッスン中心の写真教室
を主宰しています。
初心者カメラ操作講座、写
真基礎短期講座、ビジネス
や教室運営のスタイリング
写真撮影講座など、目的別
に写真を着実に学べます。
開講以来、大好評です。
詳細はこちら↓
写真色の時間

--------------------------
ブログランキング参加中
2ヶ所に応援クリック★★
よろしくお願いいたします!
       
人気ブログランキング    
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村 

--------------------------
写真集
合気道家 多田宏師範写真集
”気の錬磨 KINOREMMA”
↓クリックでアマゾンへ

--------------------------
プロフィール
--------------------------
写真作品集
................................
スタイリング作品集
--------------------------
Facebook Page
--------------------------
Instagram
--------------------------
ナショジオ Your Shot
--------------------------
アートチャリティー活動
--------------------------
撮影/Stylingのご依頼
--------------------------
ご連絡はこちらから↓
メール Contact form
--------------------------
Copyright 2007〜2017 ©Kaori Yamamoto All right reserved
【当ブログの文章や写真の
無断転載・使用・引用は
禁止です。】
--------------------------


カテゴリ

全体
私のお仕事 My works
アートチャリティー Charity
取り合わせの美 Styling
ワークショップ Art lesson
星亀日記 Startortoise
写真は詩うPhoto and words
生きること Life
木々草々 Nature
本の頁 Books
芸術のよろこび Art
音を楽しむ Music
たまに映画 Movie
おいしいひと時 Foods
おしゃれ Beauty
アニメ Anime
すてきな雑貨 Goods
暮らしのアイデア Living
街のいざない Town
ゆかいなひとびと People
ゆかいないきもの Animals
むかしながら Old things
Japan
Tokyo
Paris
Bruges
Brussels
London
脱原発 Antinuclearpower
合気道 Aikido
フォトレッスン Photo lesson
東京ぶらぶらスナップ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

記事ランキング

フォロー中のブログ

波間日記
エミリアからの便り
koz-mic hours
心の万華鏡  
うろうろ、ごそごそ。
弁天スタジオ
梟通信~ホンの戯言
丸山誠司こっちも展望台
ウィーンとパリと好きなも...
Quel temps f...
雅子日記
HONEY SLASH!...
犬連れ@仏蘭西日記
Learn from y...
飛んでも五分歩いても五分
名嘉真麻希のスケッチブロ...
dezire_photo...
櫻井 砂冬美 / Sak...
鳥人の翼 In orde...
monukemuri
帽子・バッグ・小物作家の...
Midnight Edi...
言の葉遊び
とことこお散歩
よれよれチックタック撮影日記

ブログジャンル

クリエイター
写真家